ホーム » 未分類 » アトピーと乾燥肌の関係

アトピーと乾燥肌の関係

慢性的な乾燥肌に悩まされている人の中には、アトピーの症状に近いほどの重度の乾燥肌の人も存在します。

アトピーは人によって様々な違いがありますが、極度の乾燥肌状態になる人も多くいます。

冬は掻いたりしなくても肌の表面がポロポロと剥がれ落ちてくるような状態や、乾燥によって痒みが酷くなる人もいます。肌の表面が通常の肌の状態ではなく、ケロイド状になってしまう場合もあるほど、アトピーの乾燥は深刻です。

アトピーではなくても乾燥肌が深刻な場合は、日頃の保湿を行うのは当然ですが、着るものなども検討する必要があります。また、ただの乾燥と思っているだけで、肌のアレルギーの場合もありますから、皮膚科などで一度診察するのも悩み解消のためには必要なことかもしれません。

ダニのアレルギーで皮膚のトラブルを起こす人は多いので、自分自身の部屋が畳などの部屋だったり、埃が起きやすい部屋に住んでいる場合は、住む場所を変えるだけで症状が改善する場合もあります。

中には、以前は実家の畳の部屋で過ごしていて乾燥や肌のトラブルに悩まされていたが、鉄骨のマンションに引っ越してダニが発生しづらい環境に移っただけで肌が改善したという人もいます。

現在の自分の部屋の環境を見直して肌トラブルの解消を目指しましょう!

乾燥肌対策に選ばれているスキンケア化粧品